『アントニオ・ガデス舞踊団 in シネマ』

  • 『カルメン』

フラメンコファンなら知らない人はいない名作中の名作。20世紀を代表するダンサー兼振付家アントニオ・ガデスとスペイン映画の巨匠カルロス・サウラが共同で創った『カルメン』は、まずは映画版が1983年に世界中で公開され、その映画を基にした舞台作品はフラメンコ史上最大のヒット作となった。 《『カルメン』を上演する劇団》を演じる劇中劇の形式を用いて、ビゼーの歌劇『カルメン』の音楽も使用する非常に凝った作りで、フラメンコを芸術の域まで昇華させた世紀の傑作である。カルメン役は、地元マドリード出身のバネッサ・ベント。ドン・ホセはアンヘル・ヒル、闘牛士はハイロ・ロドリゲス。

『カルメン』

  • 『カルメン』

《出演》バネッサ・ベント(カルメン)、アンヘル・ヒル(ドン・ホセ)、ハイロ・ロドリゲス(闘牛士)、ホアキン・ムレーロ(夫)、ほか
《振付・照明・脚本》アントニオ・ガデス、カルロス・サウラ
《芸術監督》ステラ・アラウソ
《映像監督》アンヘル・ルイス・ラミレス

1時間38分/[収録]2011年、マドリード王立劇場/©Teatro Real MMXI


『アントニオ・ガデス舞踊団 in シネマ』公式サイト
(c)2017 T&K TELEFILM Inc. all photos (c)Javier del Real
当ウェブサイトに掲載している文書・写真・映像などコンテンツを、許可なく利用することを禁じます。

T&Kテレフィルム